薬剤科

薬剤科では、主に内服薬・外用薬・注射薬の管理及び調剤、病棟での服薬指導、持参薬の鑑別、医薬品管理業務、医薬品情報管理等の業務を行っております。

患者様に安心して療養していただくと共に、薬品への不安を取り除くことを第一に考え、医師・看護師等の多職種の医療スタッフとチーム医療を推進しながら、薬剤師の専門性を生かした安全な薬物療法に取り組んでおります。

私たちは、患者様一人一人に合わせた入院生活をサポートできるよう、日々努力し続けてまいります。

業務内容

薬剤管理指導業務

入院患者様が安心して服薬出来るよう、服薬指導・副作用の確認・薬歴の管理・持参薬の鑑別等を行う業務です。

服薬指導に関しては、単に薬を提供するだけではなく安全な薬剤治療を行うため特に力を入れており、患者様が正しく服用されているか、用法用量を間違えていないか確認しながら丁寧に指導する事を心がけています。

 

 

 

 

◎調剤業務

主に入院患者様の処方箋をもとに調剤する業務です。

処方箋の受付時に薬の相互作用の有無や用法用量に間違いがないかどうか確認し、患者様ひとりひとりに合わせて調剤を行った後、調剤者以外の薬剤師が再確認します。

 

 

 

 

 

 

調剤時は多種類の薬を服用しやすいよう自動分包機を用い一包化したり、錠剤が飲みにくい患者様には粉砕し服用しやすくしたりするなど、安心してお薬を服用できるように努めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注射薬調剤業務

内服薬同様、入院患者様の注射処方箋をもとに調剤する業務です。

患者様ごとにラベルを印字し、病棟へ払い出す前には薬剤師が監査を行い、期間・投与量など適切な投与であるかを総合的にチェックしています。

また疑問点があれば医師及び看護師に確認して安全に患者様へお届けしています。

 

 

医薬品情報管理業務

主に新薬の情報や副作用等の情報収集をする業務です。

医薬品のデータ更新を随時行い、その他採用している薬の副作用情報や効能の追加等があれば最新情報を病院内へ情報提供しています。

院内の薬事委員会では、毎月採用医薬品について審議を行っています。

 

医薬品管理業務

薬剤科では適正量の発注及び在庫管理をし、医薬品を安定供給できるようにしています。

また薬剤科内・病棟・夜間救急外来で保管している薬の使用期限を管理し、薬剤の品質保持のため保管に適した温度や湿度で安全管理に努めています。

 

チーム医療への参加

当院はチーム医療の充実による質の高い医療を推進するため、薬剤師も様々なチーム・委員会に参加し活動しています。

それぞれ専門の知識を有する職種間と連携を取りながら、薬学的な観点をふまえ、活動や情報の交換等を行っております。

お薬以外のことでも何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

 

薬剤師募集中!!

薬剤科では、薬剤師を募集しております。

基本的に平日のみの勤務で、働きやすい職場環境です。

素敵な仲間たちと一緒に働きませんか?

リンク:平内中央病院職員募集中!

 

上部へ 前ページ