東病棟

病棟目標

  1. 受け持ち看護師としての自覚と責任を持ち、丁寧・安全・確実な看護実践ができる
  2. クリニカルラダーの必要条件を修了することができる
  3. 委員会の委員として病棟内で役割を実践する

 

東病棟は、医療型療養病床48床の病床を有する、外科・内科の混合病棟です。看護体制は看護師が25対1、看護補助者は25対1で看護しております。入院患者さんの平均年齢は82.4歳(2022年7月1日現在)であり、医療的ケアの継続が必要な患者さんの看護を行っております。

当病棟では、日常生活の支援が必要な患者さんや、自宅退院や施設入所までには継続したリハビリテーションが必要な患者さん、終末期を迎えている患者さんが、安全で安楽な生活を送ることができ、患者さんのベッドサイドでの看護ケアを充実させ、患者さんと御家族に寄り添う看護を目指しております。

 

東病棟 明るいスタッフ

 

リフター浴  
リフター浴での入浴介助を行っている様子です。
病状に合わせ、週に2回の入浴を行い、病棟全体で清潔の援助に取り組み、気持ちの良い入院生活の提供を行っています。

 

食事介助  

入院が長期にわたる患者さんに、昔話に花を咲かせながら、楽しく食事ができるように援助を行っています。

 

リモート面会  
リモート面会を行っている様子です。コロナ渦において面会制限がされる中、御家族と患者さんがお互いの様子を確認し、安心できるよう援助を行っています。

 

多職種による退院支援カンファレンス  
多職種による退院支援カンファレンスの様子です。患者様と御家族が安心して退院できるよう、退院調整を行っています。
2022年7月現在在宅復帰率100%、自宅退院が4名、施設入所が1名です。

 

上部へ 前ページ