看護部長あいさつ

看護部長あいさつ

看護部長 植村 れい子

 

平内中央病院は、平内町の唯一の病院で、近隣の基幹病院や医院との連携を持ちながら平内町民の健康を支え、地域に根ざした急性期から在宅までの医療を提供しております。

病院の理念に基づき、看護部は、「安心・安全・やさしい看護」を理念に、患者様に寄り添い、安心して入院生活をしていただける質の高い看護を目指し、日々努力をしております。平内町は、「少子高齢化」および「短命県」脱却からは依然として厳しい状況です。しかし、病院に求められる使命を念頭に置き、ケアミックス病院(一般病床、地域包括ケア病床、療養病床)の各病床の特徴をふまえつつ、チーム医療を積極的に展開し、患者様の療養生活の支援や退院支援を行っております。

 

新卒新採用者のクリニカルラダー導入・既卒中途採用者の教育・積極的な施設外研修会参加・認定看護師の育成・看護研究・看護部各委員会の活性化などの支援を行い、スキルアップと看護の質の向上に主体的に取り組んでおります。

看護師個々が、やりがいを持てるように、積極的な教育支援活動を行っております。

当看護部のスペシャリストは、感染管理認定看護師が1名おり、特定行為の研修も修了しております。また、青森糖尿病療養指導士資格を有する看護師が5名おり、院内の他職種との協力で、糖尿病教室を企画・運営し、看護外来を強化しております。

 

ワーク・ライフバランスにも力を入れております。看護師の働き方が適切であれば心身共に健全で看護の質の向上にも繋がります。思いやりと笑顔を忘れず看護師が働き続けられる職場づくりを目指して多様な勤務形態の検討しております。

 

平内町民が、「入院する時は平内中央病院に入院したい」と選ばれる病院を目指して、日々努力をしてまいります。

 

看護部の理念

「安心・安全・やさしい看護」

 

看護部の目標

  1. 患者様に寄り添い、患者様中心の優しい看護を提供します。
  2. 患者様の個別性のある看護を提供します。
  3. 適切な看護を展開し、安全な看護を提供します。
  4. 近隣の基幹病院や医院との連携を持ちながら、地域医療、訪問看護の充実に努めます。
  5. 施設外で看護研究発表し、評価を受けながら質の高い看護を目指します。
  6. 経営意識を持ちながら経営にも参画をします。

 

看護体制

  1. ベッド数   96床(一般病床15床、地域包括ケア病床33床、療養病床48床)

2.病棟単位数  2単位

3.入院基本料  一般病棟 10対1   療養病棟 20対1

4.看護方式   モジュール型

上部へ 前ページ