臨床検査科

私たちは、自治体病院としての使命とともに、地域の皆さまによりよい医療を提供することを目的として、正確かつ迅速な検査を心がけています。

一般社団法人日本臨床検査技師会の『精度保証施設認証』を取得しており、標準化された、精度が十分に保証された検査結果を提供しております。

 

一般社団法人日本臨床検査技師会

『制度保証施設認証』

 

検査の流れ

血液の検査を受ける方は、「1番」中央処置室で採血をさせていただきます。

 

尿の検査のある方には、患者さまの氏名ラベルを貼った尿コップをお渡ししますので、「4番」採尿室(トイレ)で尿をとっていただきます。

採尿室横に窓口がありますので、採尿したコップを置いてください。

その際、患者さまの取り違い防止と確認のため、本人確認をさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。

 

 

 

超音波検査は、生理検査室の隣にある超音波室で行っています。ご予約のお時間に間に合うようにお越しください。

 

各種検査の紹介

臨床検査は大きく分けると、患者さまから採取された血液、尿、便などを検査する「検体検査」と、心電図検査、血圧脈派(ABI/PWV)検査、肺機能検査、画像検査の超音波検査(エコー検査)など、患者さまの身体を直接検査して情報を得る「生理検査」があります。

 

検体検査

患者さまから採取された血液、尿、便などを検査しています。至急検査では、迅速に検査を行い診療科へ報告しています。

血液検査

血球の算定や白血球分類、凝固機能検査を行っています。

  • 血液検査(血球計数・形態検査)

自動血球分析機を用いて、血液中の血球(白血球、赤血球、血小板)の数、ヘモグロビン濃度、ヘマトクリット値の測定と、白血球の種類(好中球、リンパ球、単球など)の分類を行います。また、分析装置で判別しづらい血球は、顕微鏡で観察し、異常な細胞が出ていないかを検査します。炎症や貧血、血液疾患の診断や病態の把握に利用します。

 

  • 凝固検査

出血したときに、自分で止血する機能(血液を固まらせる働き)がきちんと働くかを調べる検査です。

出血しやすい方や、血栓(血の固まり)ができやすい方に検査を行います。血栓ができるのを防ぐために、血液を固まりにくくするお薬を飲んでいる場合には、薬の効果を観察する検査(モニタリング検査)として行っています。

 

  • 血液型検査

ABO式血液型判定によりA型、B型、О型、AB型、Rh式血液型によりRh(+)Rh(-)に判定します。

 

生化学検査

血液・尿などの検体の成分分析を自動分析装置を使用して測定しています。肝臓・腎臓・心臓などの機能を調べる検査や脂質・血糖関連検査などの検査を行っています。

 

 

 

検査名

説明

肝機能検査

肝臓は代謝、解毒など多様な働きをしています。

AST、ALT、LDH、γ-GTP、ビリルビンなどを測定し、これらの異常値から肝機能障害の診断や病態の把握をします。

腎機能検査

腎臓は体内の老廃物を排出しています。

機能が低下すると、BUN、クレアチニンは高値になります。尿酸は痛風で高値となります。

脂質検査 総コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール高値の場合、またはHDLコレステロール低値の場合は脂質異常症が疑われ、放置すると動脈硬化となり、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性が高くなります。
血糖関連検査

糖尿病の診断と、血糖のコントロールを把握するために必要な検査です。

血糖値は食事などの影響を受け、1日の中でも変動します。ヘモグロビンA1cは過去1~2ヶ月間の平均的な血糖状態を反映する検査です。

その他項目も多数検査しております。

 

免疫血清検査

全自動免疫測定装置で測定します。

 

 

 

 

 

 

 

検査名

検査項目

腫瘍マーカー

CA19-9(すい臓がん、胆道がんなど)

AFP(肝臓がんなど)

CEA(大腸がん、胃がん、肺がんなど)

PSA(前立腺がん)

CA125(卵巣がんなど)

感染症検査

肝炎ウイルス(HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体)

梅毒

HIV

甲状腺関連検査

TSH

FreeT3

FreeT4

心疾患関連検査

NT-proBNP

トロポニンT

 

輸血検査

輸血は貧血や出血の際に行われる治療で、輸血を行う前には必ず輸血検査を実施します。

ABO式以外の血液型に対する抗体の有無(副作用を起こす原因となる)を調べる不規則抗体検査と、輸血する血液製剤と患者さまの血液が適合するかを調べる交差適合試験を行います。安全に輸血が行われるよう、努めています。

 

一般検査

主に尿検査、糞便検査を行っています。

尿の検査には尿定性検査と尿沈渣検査があります。

尿中の成分を調べることにより、糖尿病や腎・尿路系疾患の鑑別とその程度を知ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

検査名 説明
尿定性検査 定性試験紙にて、尿中の糖、蛋白、潜血(血の成分)などが出ていないかを検査します。
尿沈渣検査

尿を遠心分離して得られた沈査成分を顕微鏡で観察し、上皮細胞、血球類、円柱類、細菌、結晶などの種類や数を検査します。腎臓、尿管、膀胱の異常や尿路感染症などを確認することができます。

また、時に悪性腫瘍の情報が得られることもあります。

便潜血検査

糞便中の血液成分(ヘモグロビン)を検査することにより、消化管の出血の有無を調べる検査です。

大腸がん検診などにも利用されています。

迅速簡易検査

尿や便、そして鼻や咽頭などから採取した検体を使用して迅速に判定できる検査です。

インフルエンザウイルス、糞便中クロストリジウムデイフィシル抗原及び毒素(トキシン)などの検査に用いられます。

 

細菌検査

  • 細菌塗抹検査(グラム染色)

細菌検査は、患者さまの尿や喀痰、膿などから、細菌による感染を起こしているのかどうかを調べ(培養)、さらに、どんな薬(抗生剤)が効くのかを調べる検査です。当院では細菌の培養検査は外注検査となりますが、検体を直接スライドグラスに塗って染色し、顕微鏡で調べる塗抹検査(グラム染色)は院内で行っています。

迅速性に優れた検査の一つで、原因菌を推定することにより、抗菌薬を選択する際の判断材料にもなります。

 

生理検査

心電図検査

検査名 説明

心電図検査

(標準12誘導心電図)

心臓の動きを電気的な波形で表す検査です。

両手首・両足首・胸部につけた電極から、その電気的変化を波形として記録します。

一般的には安静時に行います。

マスター負荷心電図検査

規定の速度で一定時間、階段を昇り降りする運動をしていただきます。

運動前の心電図(安静時)と運動後の心電図を測定し、心臓に負担がかかったときに起こる狭心症や不整脈を見つけます。

ホルター心電図検査 小型の心電計を長時間(24時間)装着して、日常生活での心電図を記録します。これを解析し、不整脈や波形の異常を調べます。

 

血圧脈波検査(ABI/PWV)

血管の硬さと詰まり具合を調べる検査です。四肢の血圧を測定することで簡単に動脈硬化の程度がわかります。測定時間は5分ほどですが、ベッドへ横になって安静にしてもらうため、検査には15分程度のお時間をいただきます。

 

  • ABI(足首血圧/上腕血圧比)

足の動脈の詰まりや血管の硬さを調べます。両足首と血圧を測定し、手足の血圧比で評価します。この血圧比が低くなると、足の動脈が細くなったり詰まったりして血流が悪くなる、末梢動脈疾患が疑われます。

 

  • PWV

心臓から血液が送られる時の脈波が、動脈を伝わって足に届く速度を測定します。動脈硬化が進むほど、脈波の伝わる速度は速くなります。

血管の弾性が数字でわかり、実年齢と比べた「血管年齢」がわかります。

 

肺機能検査(スパイロメーター)

呼吸の呼気量と吸気量を測定し、肺の大きさや、空気を出し入れする換気機能レベルを調べる検査です。

  • 肺活量の測定

肺から出入りする空気の量を測定して、肺の大きさについて調べます。

  • 努力性肺活量の測定

息を吐き出すときの勢いを調べる検査で、気道が狭くなっていないかどうかを調べます。

 

検査をするときには、鼻から空気が漏れないようにクリップでつまみ、マウスピースという筒を口にくわえ、静かな呼吸を数回繰り返した後、大きく息を吐いたり、吸ったりしていただきます。

検査は10分くらいで終了します。

 

超音波検査(エコー検査)

体の表面から超音波をあてて、体内の臓器や血液の流れる様子を映し出す検査です。

放射線のような被曝がないので繰り返し検査が可能で、検査時に痛みを与えずに体の内部を観察することで、豊富な情報を得る事ができます。

検査の際はベッドに横になっていただき、検査する部位にゼリーを塗って、プローブという装置を体にあてて検査を行います。

検査名 説明
心エコー 心臓の動きや大きさ、弁の状態、血液の流れなどを観察し、心臓内の圧力、血流の速さ、逆流の有無などから、心臓の状態を機能的に判断します。
腹部エコー検査

肝臓、胆のう、すい臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、腸管などの状態を検査します。

炎症や結石、腫瘍の有無などを調べます。

体表エコー検査

乳腺や甲状腺など体表面に近い臓器の状態や、リンパ節、皮下、関節などの炎症や腫瘍などを検査します。

血管エコー検査

頸動脈、腎動脈、四肢血管(上肢・下肢の動脈・静脈)などの血管の状態を観測します。

動脈硬化の程度と、下肢静脈の血栓や静脈瘤の存在(血管の詰まり)、血管の走行などを観測し、血液の流れる速度(血流)を検査します。

 

チーム医療への参加

ICT(院内感染対策チーム)の一員として、臨床検査技師は医師・看護師・薬剤師などと連携し、院内感染対策を行っております。

ICT会議では検出菌をリスト化して報告し、週1回の院内ラウンドを行っております。

 

関連資格

  • 血管診療技師(CVT)
  • 認定心電検査技師
  • 心電図検定1級
  • 2級臨床検査士(循環生理)
  • 第2種ME技術者
  • 認定一般検査技師
  • 2級臨床検査士(臨床化学)
  • 緊急検査士

 

上部へ 前ページ