病院沿革

 

昭和25年12月 小湊町国民健康保険平内中央病院開設
  診療科目 4科(内科、外科、小児科、産婦人科)
  病床数 20床
昭和27年2月 附属東田沢診療所を開設
昭和28年5月 附属内童子診療所を開設
昭和30年2月 病院に併設して平内地区伝染病舎(20床)を新築
3月 町村合併により平内町国民健康保険平内中央病院と改称
  診療科目 8科(内科、外科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、理療科)
  病床数 51床
旧東平内村立診療所を附属東診療所とする
5月 附属茂浦診療所を開設
昭和32年2月 結核病棟(30床)を新築
7月 病床数を98床に変更(一般48床、結核30床、伝染20床)
昭和39年10月 茂浦診療所新築
昭和41年3月 内童子診療所を廃止
12月 病院新築のため151床に変更(一般106床、結核30床、伝染20床)
  東田沢診療所新築
昭和42年8月 病院新築起工式
昭和43年12月 病院新築竣工
  本館 鉄筋コンクリート造地下1階地上4階
  結核棟 鉄筋コンクリート造地下1階
昭和44年2月 病床数を175床に変更(一般130床、結核25床、伝染20床)
昭和46年5月 病床数を165床に変更(一般120床、結核25床、伝染20床)
  診療科目に歯科を加える
昭和48年5月 伝染病床を廃止する
昭和51年7月 結核病床を廃止する(一般病床のみ120床となる)
9月 附属東田沢診療所、附属茂浦診療所を廃止する
昭和52年2月 附属東診療所を廃止する
昭和57年8月 歯科診療を休業する
平成4年9月 平内中央病院建設審議会条例設置及び審議会発足
平成5年4月 平内中央病院新築事業対策室設置
平成7年12月 新築工事完成
平成8年4月 新病院開院
  鉄筋コンクリート造地上2階建、3階一部塔屋
  診療科目 9科(内科、外科、小児科、整形外科、眼科、婦人科、皮膚科、脳神経外科、麻酔科)
  2病棟 病床数 108床
平成11年6月 一部病床を療養型に転換。病床数を100床に変更(一般64床、療養型36床)
平成11年7月 院長住宅新築
平成17年4月 婦人科を休診する
平成20年7月 病床数を96床に変更(一般64床、療養型32床)
平成24年4月 小児科を休診する
平成26年3月 用途変更により一般・療養型の病床数を変更(一般36床、療養型60床)
平成27年12月 用途変更により一般・療養型の病床数を変更(一般40床、療養型56床)
平成30年7月 用途変更により一般・療養型の病床数を変更(一般48床、療養型48床)
上部へ 前ページ